TRIC 〜 親育ち☆子育ち 楽しく子育て・父親と娘の親子わくわくブログ

父親として娘と共に育つための日常のあれこれ・備忘録 TRIC 〜 親育ち☆子育ち
Entry
TOP >  家族の道具箱 > いのちはどこからきたの?[家族の本]

2006年06月07日

 いのちはどこからきたの?
 9歳までに伝える「誕生」のしくみ

いのちはどこからきたの? なんと4歳間隔のお子さんを5人も
育てながら、バースコーディネーター
という仕事をされていらっしゃる
大葉ナナコさんの著書です。
 出版社名 情報センター出版局
 税込価格 1,365円
アマゾンでもご購入いただけます
 “性”をイヤらしくしているのって、実は“性”のこと
を正しく理解していない大人なのかもしれませんね。

 正直に言えば、私も“性”というものに対して、エロティックなイメージを抱いていました。
 “性”という字に対してすら、ちょっと身を引いてしまう感があったんです。

 でも、Benesse 教育情報サイトのオンラインセミナー
子どもに伝える命と性で、大葉ナナコさんの講義
に触れて、“性”に対する意識が変わりましたっ!

 まず第一に、

 心が生き生きすると書いて“性”

なんです。ここから性に対する意識改革をするんです。

 本書を読まれると分かりますけれど、大葉ナナコさんの
言う性教育は、まさに心の教育、そして子どもの自尊感情
を育てることでもあるんです。
 そこにはイヤらしさなんてなく、子どもが自分の心と体を正しく活かして、イキイキ生きることにつながる素晴らしさがあります。

 大袈裟なことでもなんでもなくて、この本を読んだら、
誰でも意識を変えることができると思いました。

 本書の巻末付録には、親子で一緒に読める
『 いのちの道 』という絵本も付いていて、
「 ああ、これは内容としても素敵な絵本だな〜 」
と思いましたヨ。

 書店で立ち読みするのも良いかもしれませんけれど、一家に一冊置いておいても良い本です。

 性に対して、少し引いちゃうな〜と思われるのであれば、Benesse 教育情報サイトのオンラインセミナー
子どもに伝える命と性で、大葉ナナコさんの講義を試聴されてみると良いかもしれませんね。
 会員登録しないと試聴できませんけれど、登録は無料ですから。

 オンラインセミナー:子どもに伝える命と性(全4回)
 講師:日本誕生学協会・大葉ナナコさん
 第1回 赤ちゃんはどうやって生まれてくるの?
 第2回 自分ってすごい
 第3回 食卓で語る『 いのち 』の話
 第4回 家庭が育てる価値観


 本書いのちはどこからきたの?
コチラでも紹介していますよ。是非覗いてみて下さい。
( ↑アマゾンのサイトに移動します。 )
posted by DENTO at 17:50   [ edit ]
 Comment(0)  | TrackBack(0)  | 家族の道具箱
comments
コメント フォーム




kitkat
※画像の中の文字を半角で入力してください。


Trackbacks

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。


この記事へのトラックバック
Blog Peaple Blog Peaple BP ひろがるぶろぐ
親子の話ぴーぷる
親子でわくわくしよう♪

育児=育自♪
あたしンちぴーぷる


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。